カッティングマットS h tag Afternoon 最大83%OFFクーポン Tea アフタヌーンティーリビング LIVING 【お気に入り】

カッティングマットS/h tag Afternoon Tea LIVING (アフタヌーンティーリビング)

1925円 カッティングマットS/h tag Afternoon Tea LIVING (アフタヌーンティーリビング) 雑貨・インテリア キッチン カッティングマットS h tag Afternoon 最大83%OFFクーポン Tea アフタヌーンティーリビング LIVING www.ozguotomotiv.com.tr,Afternoon,1925円,LIVING,雑貨・インテリア , キッチン,/angrite762643.html,カッティングマットS/h,tag,Tea,(アフタヌーンティーリビング) 1925円 カッティングマットS/h tag Afternoon Tea LIVING (アフタヌーンティーリビング) 雑貨・インテリア キッチン カッティングマットS h tag Afternoon 最大83%OFFクーポン Tea アフタヌーンティーリビング LIVING www.ozguotomotiv.com.tr,Afternoon,1925円,LIVING,雑貨・インテリア , キッチン,/angrite762643.html,カッティングマットS/h,tag,Tea,(アフタヌーンティーリビング)

1925円

カッティングマットS/h tag Afternoon Tea LIVING (アフタヌーンティーリビング)







食材のカットに便利なSサイズのカッティングマットです。生活者の声とカッターマット製造の技術から、木製まな板と樹脂製まな板の困り事を解決する1枚ができあがりました。3層構造のため、薄いのに丈夫なのが特徴。刃あたりが良く、反らずに食材が切りやすいのもポイントです。2倍に大きく広がる折り畳み式なので食材がこぼれにくく、肉や魚など食材によって切る面を使い分けることもできます。さらに抗菌加工を施して清潔に使える機能をプラス。自立するので洗った後は立て掛けて乾かすことが可能です。これ1つで食材のカットが済むのでキッチンまわりが散らかりにくく、折り畳めるという点からすっきりと収納できるのもうれしいところです。

*ディッシュウォッシャー〇
*耐熱温度/60℃
*ディッシュウォッシャーを使用する際は、大きく広げて入れてください。
*ディッシュウォッシャーを使用する際は、低温ソフトコース(すすぎ温度約50℃)を使用し、製品の上に食器類が重ならないようにしてください。変形する恐れがあります。

SIZE
【閉じた時】縦30cm/横20cm/厚み5cm
【広げた時】縦30cm/横40cm/厚み3cm
耐熱温度100℃
※記載の寸法は、商品をメジャーで採寸した実寸のため、商品タグ等に記載のサイズとは異なります。
メーカー品番:
GY47-21304406
店舗へのお問合せ時にはこちらの番号をご連絡ください
商品番号:
504282899
素材:
ポリプロピレン・エラストマー
原産国:
日本製

カッティングマットS/h tag Afternoon Tea LIVING (アフタヌーンティーリビング)

 

お知らせ

横浜国立大学オープンアクセス方針実施要領、横浜国立大学学術情報リポジトリ運営指針を一部改正しました(2020.8.6)

ガーリードール Girly Doll トレーナー【韓国FASHION】【2022春夏商品】 (グリーン) / 横浜国立大学オープンアクセス方針実施要領

メンテナンスに関するお知らせ

・登録許諾書,オープンアクセス方針適用例外申請書の様式を一部変更しました(2020.1.24)→様式ダウンロードはこちらから

重要なお知らせ

紀要論文の抄録データの二次利用開始に伴う著作権許諾のお願い(2021.10.01)
新規登録のお知らせ
・技術マネジメント研究第21号を登録しました(2022.03.29)
・横浜法学第30巻第3号を登録しました(2022.03.28)
・常盤台人間文化論叢第8巻第1号を登録しました(2022.03.23)
地域実践教育研究センター地域課題実習・地域研究報2021年度版を登録しました(2022.03.22)
・横浜国際社会科学研究第26巻第4号を登録しました(2022.03.16)
・横浜国立大学教育学部紀要第5巻を登録しました(2022.03.15)
 

コンテンツ

お問い合わせ

本サイトに関するご意見・お問い合わせ:
横浜国立大学 
研究・学術情報部 図書館情報課
機関リポジトリ担当

ir-admin[at]ynu.ac.jp
([at]を@に置き換えて下さい)

 

本学研究紀要等